3Dスキャナーであらゆる物体の形をデータ化

機器のリースと購入

複合機

事務機器の中で、多く利用されるものに複合機がある。複合機は、リースを活用している企業が多いが、リースでは毎月の支払いなどが発生する。その為、中古品を購入することで、初期投資を抑えながら低コストで活用していくことができる。

もっと見る

機能が多数ついています

電話

ビジネスホンは企業のオフィスで利用されている、非常に高機能な電話です。購入をする事も可能ですが、かなりのイニシャルコストがかかってしまいます。そのため、最近ではビジネスホンのリースを利用する企業が増えています。

もっと見る

3Dプリンターの必需品

3Dプロッター

三次元データを簡単に収録

現在、さまざまな産業分野において注目を集めているのが、3Dプリンターです。3Dプリンターは、粉末を焼き固めたりシート状の樹脂をカッティングして積み重ねたりすることで、立体造形を行うことができる機械です。これまで高い技術を持った職人の手作業によらなければ作れなかったような製品でも、簡単に製作できるようになる画期的な機械です。ただ注意が必要なのは、この機械を扱うには3DCGソフトに関する専門知識が必要だということです。コンピュータからの指示を正確に出力するのが、3Dプリンターにおける最大の特徴となっています。しかし、必ずしもまったくの初期状態からデータを作る必要はありません。すでにある立体と同じものを作るのであれば、3Dスキャナーを使えば比較的簡単にプリンティング用のデータを得ることが可能です。

さまざまな用途に活用

3Dスキャナーは、立体を幅・奥行き・高さの三次元において測定し、そのデータをコンピュータに取り込むことができる機械です。測定したデータはそのまま3Dプリンターの操作に使用できます。3Dスキャナーはかつてはプローブと呼ばれる端子を立体に接触させて形状等を測定していましたが、現在はレーザーを照射するなどして対象に直接接触しなくても測定が可能な機種が普及しています。これだと柔らかい物体なども正確に測れるとして人気があります。3Dスキャナーはさまざまな分野に利用することができます。たとえば手作業で作った試作品とそっくり同じものを作る、人体をスキャンして義手や義足を作るといった用途が考えられます。美術品の複製を作るといった活用法もあります。

カードは自社で作れる

婦人

カード製作を会社でしたいときはカードプリンタが良いですが、いくつかあるのでコストを考えて選ぶように気をつけておきます。機械の特徴として名刺以外に社員証、ショップで使用するポイントカードの製作も行えるのです。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加