機器のリースと購入|3Dスキャナーであらゆる物体の形をデータ化

3Dスキャナーであらゆる物体の形をデータ化

機器のリースと購入

複合機

事務機器として欠かすことのできないものに、複合機がある。複合機はパソコンからのプリントアウトを行う場合に利用されたり、コピーを取る際に利用されるなど、業務を進めていくうえでなくてはならないものとなっている。これらの複合機については、多くの企業でリースが活用されている。複合機は購入すると、その機器代金が高い。また、リースを活用することでトナーの交換やメンテナンスなど運用していくうえで欠かすことのできないことを行ってくれることからリースが広く利用されている。しかし、リースでは、長期間利用していると購入する方が安いという状況に陥る。その為、長期に渡り利用する場合にはリースよりも購入する方が料金面で安くなるということがある。

複合機を購入する場合、新規の機種ではその本体価格が高くなる。その為、初期投資に大きな費用を掛けられない場合には購入することを断念するケースもある。そのような際には、中古品を活用するということがある。中古品の中でも、状態の良いものや比較的新しい機種では、新品を購入するのと変わらない性能や品質であることが多い。また、中古として購入してしまうことで毎月のリース料金などの支払も発生しなくなる。複合機では、倒産企業などが安く手放すことなどもあり、それらについては状態は新品に等しいが、安い価格で中古品が販売されることがある。これらの複合機を狙って購入することで、コスト削減に繋げていくことが可能となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加